16年ぶりの白馬岳♪2日目

8月19日(日)
お盆のテント泊。
夏用シュラフでは寒くて何度か目が覚める。
am3:00過ぎには、出発する人達がガサコソ撤収し始めてます。
私達はノンビリと雑炊を食べ、コーヒーを飲んでからテント撤収です。
青空。気持ち良い朝です♪
打ち上げ花火のような雲・雲・雲
d0103314_22571038.jpg


さぁ~白馬岳目指して出発です。
少し登ったら、八ヶ岳の後方に富士山が見えるではありませんか♪
d0103314_22572399.jpg

頂上宿舎を振り返ると
ぞろぞろ登ってくる登山者達。。。
d0103314_22573671.jpg

白馬山荘前にて
右に剱岳&左に槍ヶ岳をバックに仁王立ちの私^^; ウリャッ
d0103314_23040047.jpg

白馬岳山頂。
実に4回目の登頂なのでありました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.
d0103314_22575200.jpg

ここからは、雪倉岳と朝日岳を眺めながらの稜線歩きです。
d0103314_22580383.jpg

赤い三角屋根の朝日小屋も見えてます。ズーム!
d0103314_22582246.jpg

懐かしいなぁ~
これまた・・・20年前になるのか!?
蓮華温泉ー白馬大池ー白馬岳(泊)ー雪倉岳ー朝日岳(泊)ー蓮華温泉
楽しかった山歩き♪思い出します。

白馬岳を振り返って。
カッコ良い~(///∇//)♪
d0103314_00111190.jpg


そして三国境。
雪倉岳と白馬大池方面との分岐です。
d0103314_22583658.jpg

16年前。
親不知の海抜0mから栂海新道を歩き。。。
犬ヶ岳ー黒岩山ー長栂山ー朝日岳ー雪倉岳ー
そして3日目に、この分岐地点にたどり着いたときの事、よく覚えています。
あとチョットで白馬岳だぁ!!ゴールが近付いた気がしました。

色んな事、思い出しながら・・・先に進みます♪

小蓮華山を越え、稜線の先に白馬大池が見えてきました。
d0103314_22585961.jpg

チングルマ越しに白馬三山・鹿島槍を振り返ります。
10時を過ぎると雲が湧いてきました。
d0103314_22593177.jpg

稜線歩きは楽しいーーー♪
今日は絶好調の私☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.
d0103314_22594284.jpg

船越ノ頭を過ぎ、雷鳥坂を下ると白馬大池です。
d0103314_23322034.jpg

雷鳥坂と言われるだけあります。
雷鳥の親子に出合いました♡別の場所でもムクムク餌を食べてました。
d0103314_23324096.jpg

白馬大池山荘で高級なカップラーメン&ジュースを買い^^休憩。

ここから乗鞍岳までは大きな岩(石)を飛び越えて進みます。
d0103314_23325635.jpg

大きな岩の上をピョンピョン歩くのは楽しく
大きなケルンが立つ乗鞍岳まで続いているのでした。
d0103314_23332239.jpg

この先も岩は続き、次第にアスレチックのようになってきて
岩歩きも疲れてきたな?と思ったところで天狗原の木道が見えてきました。
d0103314_23334202.jpg

天狗原の湿原は、この暑さで干せ上がっていました。
木道の後は、土道を下って行き、栂池平に到着。
d0103314_23335158.jpg
栂池名物のさるなしソフトクリームを食べ
ロープウェイ・・・ゴンドラに乗って下山しました。
下山後は、タクシー乗り合わせで猿倉まで戻りました。
お疲れさま~

4回目の白馬岳でしたが
お天気も良く大パノラマそして稜線歩きを楽しめました。
1日目の絶不調のことは忘れ^^;
思い出に浸りながらの山行でした。
今回、白馬大池から栂池まで歩いたので
白馬岳への全登山コースを歩いた事になるのかしら!?



by yukos32 | 2018-08-29 00:02 | 山登り | Comments(0)

16年ぶりの白馬岳

今年のお盆休みは例年より長く。
連休後半17日~18日に山登りの計画を立てる。
…が!16日は雨降り、それも寒い。
予定変更し、18日~19日 行き先は白馬岳
猿倉ー大雪渓ー白馬岳(テント泊)ー小蓮華岳ー白馬大池ー乗鞍岳ー栂池

猿倉の駐車場は朝方では満車になり、八方の駐車場に誘導されるらしい。
それではと、17日夕方に大野を出発し、ゆるりと猿倉を目指し車中泊。
すでに、猿倉も寒くてなかなか寝付けない。。。。

8月18日(土)
am5:45 猿倉荘で登山届けを提出し出発です。
d0103314_23422469.jpg

朝の爽やかな空気の中、白馬尻小屋を目指し1時間程歩きます。
d0103314_23480756.jpg

おつかれさん!
小屋手前の登りで、気分が悪くなり・・・げげっ^^;大丈夫か?
d0103314_23424004.jpg

しばし、小屋前のベンチで休憩後
軽アイゼンを装着し、いざ!大雪渓を登ります。
d0103314_23425273.jpg

青空が良いね♪
d0103314_23430359.jpg

大雪渓前半は涼しくて快調に登るが
急斜面になりだすと、もう完全カメさんモードに。
我慢・我慢の歩きで、ようやく雪渓歩きが終わりました。
振り返ると、まだまだ大行列です。
d0103314_23434121.jpg

雪渓からのザレた斜面、落石がザラザラ・ゴロゴロと
とてもじゃないけど休憩など出来ない。
アイゼンを外して、手に持ったまま安全な場所まで登る。
めっちゃキツイ(→o←)ゞ

紫色が冴えまくるトリカブト☆綺麗だ。
d0103314_23435766.jpg

クルマユリも青空に映えます。
d0103314_23441127.jpg

岩室跡を確認し、あと2時間で白馬頂上宿舎。。。ふぅ~
30分程歩いて休憩。
なかなか進まない。。。。辛すぎるぅ~
ようやく、テッペンに頂上宿舎の姿を確認。
見え出してからが、遠いんだよな。
d0103314_23442842.jpg

頂上宿舎のテント場に着くと、もう我が家は完成してました(๑-﹏-๑)汗
d0103314_23445027.jpg

宿舎前のベンチで昼食、おにぎりを頬張る。
朝は気分が悪く、途中はヘロヘロで、ほとんど食べることなく
本日初の食事。
頑張ったご褒美にお奨めのチーズケーキを頂く♪
d0103314_23445936.jpg

時間はたっぷりあります。
宿舎前のベンチでまったりタイム♪
d0103314_00120968.jpg
お隣の杓子岳を眺めたり、スマホで遊んだり
隣りで休憩していた福井市から来られたグループの人と話ししたりと過ごす。

※今回、モバイルバッテリーを持ってきたため、安心してスマホを使っていましたが
なんと!アタッチメントを持ってくるのを忘れて・・・充電出来ず。
残り26%だと(_ _。)
電源切って明日に備えることに。

テントに戻り夕飯。
赤飯が美味しかった♪
食事後は夕日を見るため、5分程登る。
杓子岳が赤く染まってきてます。
d0103314_00122357.jpg

急いで登る。
意外と登らなくてはいけなくて
沈んでしまう~と焦る。
d0103314_00123754.jpg

能登半島沖に沈んでいきます。
d0103314_00124651.jpg

振り返り、テント場を見下ろし、上部に白馬山荘を望む。
テントは100張り以上ですね。

d0103314_00130916.jpg

すっかり沈んでしまいましたね。
d0103314_00125508.jpg

一日が終わりました。
さぁ~テント泊の長い夜が始まりますzzz....おやすみなさい。

2日目はまた。。。




by yukos32 | 2018-08-23 00:35 | 山登り | Comments(0)

霞沢岳☆2日目

7月16日(月)海の日

am3:00過ぎ起床。
準備してam4:00まだ暗い中、徳本峠を出発。
久しぶりの暗闇出発ですが、私のヘッドライトが暗すぎる^^;

空が白んできました。
d0103314_23060907.jpg

新しい朝です。
d0103314_23062169.jpg

1時間程歩いてジャンクションピーク。
虫が多く、ネットを被る。
d0103314_23063113.jpg

しばらくは、素敵な景色を見ながら歩きます。
奥にチラリと見えるのは富士山かしら!?
d0103314_23064233.jpg

明るくなれば、穂高の雄姿を見ながらの歩きとなります。
d0103314_23065334.jpg

ジャンクションピークを過ぎてからは、いくつものアップダウンを繰り返し。
息は上がり、足は重いし・・・
K1ピークから下りてくる人には
「ここからは、もっと厳しくなりますよ。お気をつけて・・・」言われ。

ここまででも充分、キツイ・・・っす。心の中で叫ぶ!!

K1ピークを登り切ったところを今日のゴールにしようか?
ブツブツ・・・思う。

お花畑に癒され♪
d0103314_23070346.jpg

素晴らしい景色に感動し♡
d0103314_23071412.jpg

よれよれながらも、K1ピークに到着。
d0103314_23072949.jpg

・・・で!
霞沢岳は、私の後ろの2コブ目です。
とは言っても、また小刻みなアップダウンが幾つもあるわけで
げっ(๑-﹏-๑)

地図を広げ、コースタイムを確認し
あと2コブ越え!!頂上まで行こうーーー♪
少し休憩し、景色を楽しんでから出発。

前穂、奥穂、岳沢方向。
d0103314_23074678.jpg

中央に岳沢小屋が見えます。
涸沢ー北穂ー奥穂ー前穂ー岳沢と歩いたのは何年前だろ?
d0103314_23080486.jpg

焼岳と奥に白山が見えてます。
d0103314_00525773.jpg

アップダウン・・・
d0103314_00531201.jpg

そして、霞沢岳に到着です。
d0103314_00532973.jpg

360度パノラマを堪能します♪
素晴らしい景色とお天気に感謝し
頑張った自分をほめてあげ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.

飽きない景色です♪
d0103314_00534370.jpg

山々の重なりも素敵♪
d0103314_00540148.jpg

お花畑の中を下山しましょう。
d0103314_00541724.jpg

この後、K1ピークに戻ってからは、ザレた登山道の下りとなり
また、幾つものアップダウンを越え、徳本峠を目指します。
キヌガサソウにも癒され♪
d0103314_00543053.jpg

嫌になるほどのアップダウンを乗り越え徳本峠に戻ってきました。
小屋前で記念撮影し、明神まで下ります。
d0103314_00544403.jpg

峠から明神までの登山道は歩きやすく
霞沢岳登頂の達成感もあり、足取りも軽くなります。
明神でソフトクリームを食べようー♪
目標をたて!淡々と下って行き・・・
美味しく♪ソフトクリームを頂きました。満足!

さぁ~
ここから上高地まで50分。
後半、足の疲れがドッと出てしまいましたが
無事、到着。
d0103314_00545427.jpg

バスターミナルでは
即!あかんだな行きのバスの列に並ぶのでした。
待つ間、カキ氷をシャリシャリ食べ
暑い暑い下界へと戻ってきたのでした。

家に帰り、山と渓谷5月号(上高地・穂高特集)を読み返し
****************************
【霞沢岳】上高地の裏山はスゴイ山
標高 2,646m
総距離 約23.5Km
登りの累積標高差 約2,180m
下りの累積標高差 約2,180m
****************************
おおおっ!確かにスゴイ山でした。
登りも下りも同じ標高差って(→o←)ゞ

コースタイム見たとき、徳本峠から頂上まで登り4時間。
荒島岳よりちょっとキツイ感じ。
下りは上高地までの距離をプラスするだけ!?
なんて甘く考えてましたが。
霞沢岳!!舐めておりました~
やはり北アルプスです。

辛かったけど楽しめた♪山です。
久しぶりの根性登山になりましたが。
夏はやはり山登りですね。
下界の猛暑が嘘のように涼しかったです。



by yukos32 | 2018-07-24 08:22 | 山登り | Comments(0)

2018年夏☆霞沢岳 1日目

今年は珍しく海の日に3連休の私。
例年なら海の日は梅雨末期の大雨というのが定番。
しかし、今年は梅雨も明け、連続晴れ日174.png

さて、どこに登りましょうか?

剱岳早月尾根から・・・
甲斐駒ヶ岳黒戸尾根から・・・あれこれ思うが。

前々から気になっていた霞沢岳に決定。

7月15日(日)am2:00過ぎ大野を出発し、上高地を目指す。
また今年も上高地にやって来ました。
明神で休憩。もうすでに青空♪
d0103314_13094528.jpg

明神からしばし歩いて、いつもは横目に見るだけの案内板。
ここを右折して、本日の目的地「徳本峠」を目指す。
d0103314_13095435.jpg

最初は幅の広い林道ですが、次第に狭くなり山道へと。
サンカヨウの実が美味しそう。群生してました。
d0103314_13120552.jpg

沢があり、涼しいです。
d0103314_13100463.jpg

緑も目映く、清々しい気持ちに。
下界は猛暑日ですが、ここは涼しい♪
d0103314_13101416.jpg

センジュガンピが登山道を賑わしてくれてます。
d0103314_13102641.jpg

第一ベンチ、第二ベンチ辺りから、穂高の山々が見えてきます。
テンションあがります~
d0103314_13103955.jpg

そして、徳本峠小屋に到着。
雑誌などの写真で見ていた通り、趣のあるお宿です。
d0103314_13105509.jpg

ここから45秒歩くと展望台。
明神岳、前穂高岳、奥穂高岳、ジャンダルムも西穂高岳まで見えます。
d0103314_13110778.jpg

こちら側から見る奥穂高岳、ジャンダルム・・・良いねぇ。
穂高岳の山座同定。
教えてもらったり。
チョット違っているようだけど熱弁の人がいたりで。
楽しい時間を過ごす。
d0103314_13111786.jpg

明日は、霞沢岳をピストンし、上高地へ戻り、大野へ帰る予定。
11時間の行程。
早く寝て、am4:00出発だぁ~

2日目のレポはまた・・・




by yukos32 | 2018-07-20 18:35 | 山登り | Comments(0)

8月6日(日)

夜中、雨の音で目が覚める。
これで、ご来光は拝めそうに無いなぁ~zzzzz...

朝6時 山荘の前に出ると
五竜岳に登山者が見えます。
d0103314_23175401.jpg

遠見尾根をピストンするつもりでしたが
雨も降りそうにないし、唐松まで縦走することにします(* ̄0 ̄)ノ
あの頂きまでGoーーー
d0103314_23184081.jpg

五竜岳をバックに。
そうそう!今日は来春発売のTOZANGOハーフパンツをはいてます♪
d0103314_23185513.jpg

雨に濡れたお花たち♡生き生きしてます。
d0103314_23182012.jpg


d0103314_23191593.jpg


d0103314_23193913.jpg

大黒岳を越えると、岩場歩きとなり。。。
こんな危なっかしい箇所もあって。これも登山道です。
d0103314_23195979.jpg

ここを越えれば、唐松山荘が見えるはず!!
d0103314_23202681.jpg

この縦走路を歩いたのは12年前・・・
こんなにアップダウンあったのね。
岩場と鎖を持って歩いたことは覚えてるけど・・・ねっ。

コースタイム以上に、たっぷり時間を使って^^;
唐松岳頂上山荘に到着。
ここまで来ると、凄い人です。
d0103314_23204886.jpg

休憩後、八方尾根を下りて行きます。
d0103314_23213131.jpg

途中にある扇雪渓。涼しい~
d0103314_23215205.jpg

お花畑を愛で♪
d0103314_23221074.jpg


d0103314_23222994.jpg


d0103314_23224516.jpg


d0103314_23232419.jpg

あれっ?
登ってくる人達がカッパ上下を着ている。
聞くと・・・
八方池で、雨176.pngザザ降りで慌ててカッパを来たら、止んだそうです。
標高の高い所にいた私達は雨に遭わず♪ラッキー

そして、八方池。
観光ハイキングの人達で大賑わいです。
d0103314_23234633.jpg

池をぐるっと歩いて下山します。
d0103314_23242108.jpg

八方山荘からは、リフト、ゴンドラを乗り継いで下山です。
もう何十年も前に訪れた事のあるスキー場です。
d0103314_23243809.jpg

ゴンドラを下りて、タクシーで五竜に戻ります。

久しぶりの北アルプス。
やっぱり、山は楽しいなっ♪
同じ山でも、登りに使うか?下りに使うか?
雪があるか?ないか?
何度でも楽しめる。。。。

帰って、12年前のGW 雪の遠見尾根の写真を見てみよう!!




by yukos32 | 2017-08-11 00:01 | 山登り | Comments(0)

2017夏山♪五竜から唐松

8月5日(土)~6日(日)

久しぶりの北アルプスを計画するも・・・お天気が悪い。
唯一、晴れ予報が出ていたのが五竜岳。

それではと!
遠見尾根から登り、五竜山荘に泊まろう。

早朝、大野を出発し、白馬五竜エスカルプラザへ。
テレキャビン駅からゴンドラ、リフトに乗り、お花畑の中をぐんぐん登る。
d0103314_23234047.jpg

ついつい笑顔になってしまう。
d0103314_23321378.jpg

鐘を鳴らして出発!
後ろから歩いてきた3歳の男の子に
「オバチャン、鳴らしすぎ!!」と言われるヽ(@@;)丿ワオッ
d0103314_23240189.jpg

遠見尾根は長いコースだと言われていますが
小遠見山=中遠見山=大遠見山=西遠見山とあり
結構楽しめて♪長く感じなかったなっ。
大遠見山で休憩。
d0103314_23242734.jpg

ここで、ようやく五竜岳が顔を出してくれました♪
まだまだ遠い!!
d0103314_23244652.jpg

西遠見山を過ぎると、険しくなってきました。
d0103314_23250611.jpg

下界が見えてきました。
青空も期待出来そうなのですが、なかなか雲は流れてくれない。。。
d0103314_23254287.jpg

雪解け水の流れる音が・・・
d0103314_23261119.jpg

なかなかの絶景。
北アルプスに来たー♪
d0103314_23263675.jpg

遠見尾根、お花畑が楽しめます。
d0103314_23271061.jpg


d0103314_23273096.jpg


d0103314_23275164.jpg


d0103314_23281092.jpg


d0103314_23283162.jpg

ようやく山荘が見えてきましたが。
ここから、山荘まで簡単には行けない。
登って・・・巻いて・・・五竜山荘なのでした。
d0103314_23291858.jpg

山荘裏に咲く、クルマユリ。。。到着!
d0103314_23293841.jpg

山荘前に咲いていたコマクサ。
d0103314_23295545.jpg

歩いてきた遠見尾根です。
遠見尾根は登山者が少なくて、静かな山歩きが出来てお奨めです。
d0103314_23301651.jpg

夕食はカレー。デザート付き。
d0103314_23303974.jpg

夕食後は夕日撮影。
う~ん!雲が邪魔してくれるぅ~
d0103314_23310161.jpg

ほんのり赤く染まる五竜岳。
d0103314_23313293.jpg

反対には、お月様。
d0103314_23315018.jpg

展望を楽しんだあとは、早く寝ましょ。
布団一枚に1人が寝れて、楽々♪熟睡zzzz....

2日目のレポは、また明日!



by yukos32 | 2017-08-10 00:49 | 山登り | Comments(0)

9月13日(土)

am2:00 大野を出発し長野県白骨温泉を目指す。
山登りだと早起きできる自分に笑える。2時間寝ただろうか!?

登山口はヤマレコの写真で確認済み。
白骨温泉=林道に入ってからは工事看板とピンクリボンを見逃さないようにする。
アッ!ありました。
d0103314_22570206.jpg
ヤマレコ見てこなかったら、登山口分からなかったかもしれませんよ。
十石山登山口の表示はコレだけですから・・・^^;
d0103314_22583364.jpg
am6:00出発。寒いです。
今日は標高2000m越えなので、ダウンジャケットもザックに入れてきました。
樹林帯の中を行きます。
d0103314_23013903.jpg
ナナカマドの実が赤くなってます。
このまま綺麗に紅葉していくと良いですねぇ。
d0103314_23025800.jpg
標高を上げていくと、ますます綺麗です。
あと2週間ほどすれば見頃ではないでしょうか?
d0103314_23050536.jpg
青空が嬉しいです。
空気も澄み切っていて気持ち良いです♪
d0103314_23064369.jpg
下に見えるのは松本市?上高地?どこなのでしょうか?
d0103314_23095023.jpg
途中、奥穂高岳と前穂高岳が見えました。
やっぱり穂高はカッコいいね♪
d0103314_23111555.jpg
ガレ場まで登って来ました。
イノシシが掘り返したような穴がいくつもあり、下ばかり見て歩いてると行き先を見失う^^;
d0103314_23132444.jpg
よれよれ歩いていて、回りこんだら目の前に立派な避難小屋が現れたのでした。
立派です!!
d0103314_23133354.jpg
十石峠避難小屋です。
d0103314_23134637.jpg
小屋にザックを置き、頂上まで登ってくる事にします。
頂上方向に向かうと、チラリと乗鞍岳が見えたのでした。
d0103314_23155118.jpg
頂上目指して歩いていると、いきなりササの中に頂上表示板があったのでした。
2,525m(ニコニコ^^ですね♪)
d0103314_23161184.jpg
記念撮影したら、避難小屋に戻りましょう。
残念ながら、穂高方向は雲の中です。
d0103314_23162487.jpg
立派な避雷針も立ってます。
d0103314_23163664.jpg
小屋後ろ側から見て。
d0103314_23143243.jpg
玄関側です。
冬場、窓には板が羽目込められるようになってます。
d0103314_23144081.jpg
小屋内で休憩させてもらいましょう。
「おじゃましますー」
d0103314_23140077.jpg
本、ランタン、食料、食器、水など置いてあります。
トイレの注意書きなども・・・
d0103314_23392226.jpg
奥にはシュラフ、マット類も。
d0103314_23152325.jpg
2階にもスペースがあって、個室もあります。
大きな小屋です。
d0103314_23153563.jpg
荒島岳Facebookにもっと詳しい写真がアップされてますのでどうぞ!

避難小屋の中を見ていると小屋を守っている多くの仲間がいらっしゃるのだと思いました。
外壁の塗料や資材などいくつもの道具が置かれていました。
そういう地元の仲間が居る事も羨ましいです。

荒島岳はどうなんでしょうね。

荒島岳も地元の熱意で建設したいです。
建設に向けて頑張りましょう(* ̄0 ̄)ノ




by yukos32 | 2014-09-14 23:58 | 山登り | Comments(0)

2013年夏山 ♪空木岳♪

2013年7月20日(土) 中央アルプス空木岳(2,864m)に登って来ました。

前夜大野を出発し、駒ヶ根市・・・池山林道の終点にある登山口を目指します。
途中、古城公園の看板があるが、この先に登山駐車場があるのか不安になる。
すれ違いも出来そうに無い林道で、案内板もほとんど無いし^^;
でも、ナビ様の示す道を行くしかなく。
いくつものカーブを曲がった先、何台もの車が停まっていました。
あぁ~良かった!登山口です。
仮眠をとり。。。

am4:55登山口を出発(*^ー^)ノ
d0103314_10571831.jpg

ここの標高は1,365m・・・・空木岳は2,864m
標高差約1,500m☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.登り時間7時間。7Kmとある。
ロングコースの日帰りに不安を感じつつ歩き出す。
最初は登山道の幅も広く歩きやすい。爽やかな空気を感じルン♪とした感じ。
d0103314_11392.jpg

次第にじわじわ汗が流れ出す。
暑くなった頃、水場と池山避難小屋のある池山分岐に着く。
木のベンチがあり、ここで休憩です。
途中、出会った大阪のテクテクさんご夫婦と抜きつ、抜かれつで・・・・・
休憩の時や歩きながら、話しが弾む。

この水場を過ぎると本格的な登山道になります。
そして、この看板がありました。
d0103314_1193393.jpg

どんどんヤセ尾根となり、大地獄・小地獄という箇所でしょう。
岩場に鎖が垂らしてあります。行きはヨイヨイ、帰りは怖い(๑-﹏-๑)
d0103314_11124998.jpg

尾根に出てからは、ずっと尖った宝剣岳が見えていました。
d0103314_1116134.jpg

山を始めた20年程前に登った事のある宝剣岳。
せま~い頂上だったな!あの頃、岩場歩きを知りp(*^-^*)q嬉しかったものです。
そんな思い出にも浸っていられない(。>0<。) 目の前には階段や丸太のはしごが続きます。
d0103314_1120566.jpg

ようやく駒石と頂上が見えてきました。ガンバ!!
d0103314_11215314.jpg

大きいですねぇ。
d0103314_2041119.jpg

私、この地点でかなり疲れてますよ。
でも、テクテクさんたちは、楽しげに頂上を目指して行きます。
d0103314_11244779.jpg

折れそうな気持ちでも、お2人の姿に元気をもらい歩き出します。
頂上まであとチョット!
d0103314_11263713.jpg

駒峰ヒュッテのテラスで(*^ー^)V夏山だよねぇ♪
d0103314_11273922.jpg

頂上まであと100mの案内板。ガンバローーー
ヨレヨレながらも、頂上に到着♪am11:20
まずは記念撮影。
d0103314_11302913.jpg

テクテクさんたちと休憩。一緒に記念撮影♪
d0103314_11342177.jpg

下りは4時間30分となっているが。
今日のヨレヨレの私だと、5時間はかかりそうなので12:00下山開始。。。
d0103314_11362595.jpg

お昼になると雲がもくもく、ガスも湧いてくる時間です。

花が少ない山ですが、花の写真を撮りながら下りました。
大きな石の陰にミヤマダイコンソウを発見!でもピントが甘かった^^;
駒石の前で「デカッ」
d0103314_20383782.jpg

次にナナカマドの白い花。
d0103314_11404395.jpg

シャクナゲはいっぱい咲いてました。
d0103314_1141764.jpg

今年は豊作だと言うコバイケイソウですが、ここでは少ない。
d0103314_1142751.jpg

どんどん下っていくが、もう疲れました(。>0<。) 状態です。
大地獄・小地獄の鎖場も階段も慎重に下り。
慎重すぎるくらいに・・・ノロノロです。
やっとやっと、駐車場に戻ってきました17:15。

疲れましたーーー

空木岳のイメージ。
名前からは優しい感じ。花もいっぱい咲いていそうだし。。。
でも、ヤマレコで『空木岳日帰り』検索すると、健脚さんたちばかりの報告。
ヤマレコにアップする人達ですから当たり前でしょうが!
とにかく、空木岳は険しい山でした。

ヨレヨレながらもお天気に助けられ、大阪の元気なテクテクさんたちに元気をもらい♪
日帰り出来たので良し!としよう。

本日(7/22)レポアップしながら
疲れもとれ、次は白山に登りたいな♪なんて思っているのでした。
by yukos32 | 2013-07-22 12:02 | 山登り | Comments(4)

雨飾山に登ってきました

8月17日(金)

以前から登ってみたいと思っていた雨飾山にようやく登れました。
紅葉時期を狙っていましたが、なかなか行くチャンスがなく・・・お盆に!

am5:40発
立派な案内板があります。
d0103314_23593072.jpg

歩き始めは湿原で木道があって、気持ちよい歩きが出来ました。
それが、しばらくするとジグザグの急登となります。
見上げると「はぁっ~」とため息が出てしまう。
立派なブナの原生林を歩くが、もう辛い!!胸悪い・・・休憩^^;
d0103314_17205862.jpg


それにしても急登ですよ。
雨飾山”もっと楽に登れる山だと思っていました。
そして、ようやく写真でよく見る風景の場所にたどり着きました。
d0103314_082730.jpg

あの尖った所が頂上のようです。「はぁっ~~」
あそこまで行くには、ここから遥か下に見える荒管沢まで下ります^^;wao~
d0103314_1718212.jpg

雪の上は涼しいよ~ パックリ口が開いてます。
d0103314_1718551.jpg

ここからも劇登りです。
ハシゴもあって、紅葉時期には大渋滞と言うのが分かります。
d0103314_17192981.jpg

目指すは、あの頂!・・・でも、また下るんですよ。
d0103314_0151339.jpg

お花畑も広がりますが、撮ったのは今年お初のマツムシソウ♪
d0103314_016393.jpg

振り返ると・・・綺麗な草原に見えるが劇!キッツイお山なのであります。
d0103314_017418.jpg

頂上で記念撮影♪
d0103314_0181850.jpg

これだけの急坂だと、下りにも時間がかかりそう。
そんなことで休憩も早々に切り上げ下山しました。

もちろん、下りは気が抜けない所ばかりです。
ブナ林まで来ると、ようやく立派なブナを眺める余裕も出てきましたが・・・ふぅぅ~
暑い暑い!
でも、雪渓まで来れば冷んやり気持ちが良い。
朝より靄ってないので写真を(*^ー^)V
d0103314_0221315.jpg


雨飾山・・・なかなか手強いお山でした。
荒島岳も急だと言われますが、そんなの比べものにならないくらい急登でした。
日本三大急登に入れても良いのでは!?

途中、ここの紅葉時期の大渋滞の話も聞きました。
そんな話を聞くと、この夏の時期に登って良かったかもしれません。
心配していたお天気、雲は多いものの綺麗な青空も見れて良かったです。
by yukos32 | 2012-08-19 23:53 | 山登り | Comments(0)

浅間山の花たち

浅間山は花が少ないお山だなぁ!そう思いながら登っていましたが・・・

056.gif下山する時には、いくつかの花に目が留まるのでした。

この花の名前は?
火山館駐在の男性に聞いたところ・・・
d0103314_0274142.jpg

「バイケイソウ」 教えてもらう。
d0103314_0291837.jpg

こんなに花が咲くのは100年に一度くらいだとか・・・
そんな花に出合えたなんて(*^^)v うわっ♪ラッキーな気分。

アヤメ
d0103314_0331453.jpg

ハクサンフウロ
d0103314_0333641.jpg

ニッコウキスゲ
d0103314_0344499.jpg

??
d0103314_034752.jpg

クルマユリ
d0103314_0351235.jpg

???
d0103314_0354050.jpg

花にピントを合わせるか?浅間山に?・・・
d0103314_0362851.jpg

ナデシコも咲いていたんだけど、あとから撮ろうと思っていたら元気がなくなってました(→o←)ゞ

浅間山は現在レベル1・・・登山可能(前掛山まで)
23日は噴煙も多かったらしく、近くで見れたことに感激。
火口を覗きたい感じでしたね。
そして、100年に一度・・・バイケイソウとの出合い♪

楽しい山でした016.gifハイ!
by yukos32 | 2011-07-27 23:50 | 山登り | Comments(0)