人気ブログランキング |

カテゴリ:山登り( 289 )

5月4日(土)

令和初の山登り。
まだ一度も登った事がない富士写ヶ岳へ。
どうせなら周回しよう。
登山口と頂上の写真ぐらいの情報しかないが出発だ!
大内登山口出発。頂上まで2時間。
d0103314_17343401.jpg

いきなり急登です。
聞いてないよぉ~なんて思ってしまう^^;
ヤマツバキに癒され・・・登る・・・登る。
d0103314_17344301.jpg

シャクナゲ越しに富士写ヶ岳です。
d0103314_17345272.jpg

そして富士写ヶ岳山頂。
多くの人が休憩中。
深田久弥さんのモニュメントの写真を撮りましたが
多くの人が入ってしまい、こちら山頂からの白山です。
d0103314_17350096.jpg

山頂で軽く補給後、不惑新道から火燈山へ進みます。
今年は裏年と言われているシャクナゲ。
d0103314_17351038.jpg

アップダウンを繰り返し、富士写ヶ岳を振り返ります。
d0103314_17351939.jpg

緑の中にシャクナゲ。綺麗です。
d0103314_17352827.jpg

ここが一番展望が良いよ!教えてもらった場所から。
白山。大長山。赤兎山。
d0103314_17353992.jpg

正面には丈競山の避難小屋が見えます。
その左奥に荒島岳のテッペンが少し見えると・・・目を凝らしましょう^^
d0103314_17354972.jpg

そして右手には、これから登る小倉谷山。
・・・と思ったら、小倉谷山の手前のピークだそうです。ガッカリ
d0103314_17355963.jpg

近付くと、シャクナゲのピンクとタムシバの白が♪春です。
d0103314_17361468.jpg

で!教えてもらったとおり
その先に小倉谷山のピークがありました。
d0103314_17362527.jpg

シャクナゲ~
d0103314_17363720.jpg

小倉谷山到着。
ここでランチ休憩。
d0103314_17370703.jpg

ここから火燈山には下りて行きます。
d0103314_17371774.jpg

暑い・暑い・夏日です。
d0103314_17372813.jpg

火燈山。
d0103314_17373714.jpg

熊の平。
d0103314_17380697.jpg

ミツバツツジが緑の中で色鮮やか☆
d0103314_17382846.jpg

新緑が綺麗☆
d0103314_17383776.jpg

ようやく竹田を見下ろせる場所まで下りて来ました。
d0103314_17384696.jpg

大内峠まで下りて来ました。
d0103314_17385744.jpg

ここから駐車場まではすぐそこ。
道路にも車があふれていました。
何たって、シャクナゲで人気の山ですから。
と言っても、私はお初ですが。

富士写ヶ岳からの周回。
思っていた以上に急な登山道でした。
ロープが張ってあるから大助かりです。
登山道のササも刈り払ってあって歩きやすかったです。

荒島岳と比べると・・・
急であっても段差がないから足には負担がかからない。
3つの山を登るわけだから、当然アップダウンも多く。
でも、疲労度は少ない。
歩きながらブツブツ考えていました^^;

新緑とシャクナゲ♪楽しめました。




by yukos32 | 2019-05-06 18:18 | 山登り | Comments(0)

2019年初詣登山・愛宕山

1月3日(木)

2019年初詣登山は、京都市の愛宕山924mに登りました。

朝4時過ぎ、大野を出発し、登山口の清滝を目指します。
駐車場に着くと小雨がぱらついていましたが
多くの人が出発していきます。
8:55表参道を出発。
d0103314_22491839.jpg

ここから山頂の愛宕神社まで4.2Km
d0103314_22492667.jpg

ここの山も台風の影響で木が倒れています。
d0103314_22493744.jpg

茶屋跡。二十五丁目です。
地元の人に、山頂が五十丁目だと教えてもらう。
d0103314_22494825.jpg

休憩所にも倒木wa
d0103314_22495876.jpg

凄いわねっ。
d0103314_22500898.jpg

大杉社。
枯れた大杉の横に樽が置かれています。
d0103314_22502031.jpg

出発時の雨はすぐ止み、10:20頃には青空。
京都の町を見下ろします。
d0103314_22503263.jpg

しばらく登ると・・・ハナ売り場の建物。
ここからアイゼンを装着する人が多いようです。
d0103314_22504253.jpg

その後、雪道。
d0103314_22510649.jpg

石段が滑ります。
d0103314_22511963.jpg

前方に黒門。
d0103314_22513137.jpg

黒門をくぐると、神の領域に入ったようです。
d0103314_22515148.jpg

樹氷。水墨画の世界。
d0103314_22514226.jpg

平らのあとに、また石段が続きます。
d0103314_22520288.jpg

ようやく愛宕神社へ。
d0103314_22521589.jpg

神社前で記念撮影。
d0103314_22522843.jpg

参拝後、ご朱印を頂く。
火の神様である愛宕神社「火の要慎(ひのようじん)」お札も購入。

下山は月輪寺道から下ります。
d0103314_22524019.jpg


月輪寺を経て清滝まで90分とある。
こちらの登山道は石段が無く、雪も無いため滑らず歩きやすい。
d0103314_22524921.jpg


月輪寺。
d0103314_22525939.jpg


そして13:50登山口に到着。
d0103314_22531493.jpg

一度は登ってみたいと思っていた愛宕山に登れました。
山頂の愛宕神社でお参りも出来
新年にふさわしい山登りとなり、2019年良いスタートが切れました。



by yukos32 | 2019-01-03 23:32 | 山登り | Comments(0)

世間は勤労感謝の日を絡めての三連休。
私の休日は一日もかすることなく・・・
感謝しながら☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.お仕事でした。
そんな連休明けの本日、静かな山歩きをしよう。

サクッと登れて・・・
帰ってきてから家の雪囲い&タイヤ交換をしたい。
そうだ!銀杏峰にしよう。
今までご縁が無かったようで、2度目の銀杏峰となるのでした^^;
コースタイムの短い小葉谷コース往復。

11月26日(月)
濃い霧の中を注意しながら運転し、小葉谷登山口を目指す。
林道を走り、標高が高くなってくると視界が開けてきました。
駐車場に着く頃には、青空が見えだし気持ちが良い。
朝日を浴び、登山口を出発です。
d0103314_22433504.jpg

鉱山跡石垣。
この石垣は覚えています。
d0103314_22434816.jpg

しかし、この急登はまったく記憶に無い!!
登山口から、ずーっと登りです。
サクッと登ろうと思っていましたが、サクッとはいかない感じ。
d0103314_22440106.jpg


夜中からの雨で、カサッカサ・・・落ち葉歩きにはなりませんでした。
d0103314_22441320.jpg

「標高1,100mブナの木」地点から見る飯降山。
いつもより反対側から見ると、何だかカッコ良く見えます。
d0103314_22442392.jpg

しばらく登ると、足元にピカッと輝くナメコ。
キャッ(///∇//)♪取らせて頂きました。
d0103314_22443580.jpg

大野盆地を見下ろし、右手に白山。
d0103314_22444461.jpg

白山をズームして。。。雲がぁ
d0103314_22445735.jpg

私達より先行する足跡が。。。。シカ。。
d0103314_22451051.jpg

極楽平の積雪は30cm近くありそう。
d0103314_22452545.jpg

案内板辺りには、シカの足跡がいっぱい。
d0103314_22453849.jpg

銀杏峰山頂です。
バックは、荒島岳と白山。
ランチ休憩としましょう♪
d0103314_22454882.jpg

休んでいるうちに、どんより曇り空に。
周りの山々も見えなくなってしまいました。
一気に冬景色です。
さぁ~下りましょう。

山頂から5~6m程歩いた地点にシカの糞がコロコロと。
それも私達の足跡の上にヽ(@@;)丿
・・・ってことは!
休憩中にシカは私達に接近していたことに・・・なります(๑-﹏-๑)

積雪の少ない登山道の下りは滑ります。
私、ビビッて時間がかかり過ぎ!!
登山道の急な箇所にはトラロープが張られています。
お助けロープがあって安心です。

激下りの中
木の根元が庭園に見えたり。癒されます♪
d0103314_22460240.jpg

寒々しい景色の中、赤色は嬉しい♡ホッ♡
ツルリンドウ。輝いて見えました。
d0103314_22461392.jpg

まだまだ急坂です。
d0103314_22462445.jpg

表示布かと思って見たら、もみじでした。
ホッとする色です。
駐車場はもうすぐ。。。
d0103314_22463608.jpg


本日!銀杏峰、貸切でした。
短時間で濃い山歩きが出来た感じです。
時間があれば、いこいの森から登り、周回したかったのですが。
来春にでも計画できたら良いなっ。

家に帰ったら、我が家のもみじ。
真っ赤っかでした。
予定通り、雪囲いとタイヤ交換も完了させました。
d0103314_22464432.jpg




by yukos32 | 2018-11-26 23:47 | 山登り | Comments(2)

日頃お世話になっているH嬢。
そんな彼女と話しする機会は、たま~に^^
夏過ぎた頃かな!?Hさん「私、山に登ってみたくて・・・」と。
もちろん、山の話で盛り上がり♪
「平日休みが取れるのなら一緒に登りましょ。」
そんな、山初心者の彼女。
お奨めした赤兎山、取立山に登り。冠山にも登ったとか。
次は、荒島岳に登ってみたいです!!
Wao~完全に山にはまったようです。

そして11月16日(金)
荒島岳登山決行です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.
am8:05勝原駐車場出発です。
スキー場跡地は、ゆっくり♪ゆっくり登っていきましょう。

ブナの森。
ア・ブナちゃん2号を愛でる♪
d0103314_22402771.jpg

ブナの木は落葉し、明るい森です。
カサッカサ♪落ち葉の上を歩くのは楽しい♪
d0103314_22403984.jpg

シャクナゲ平、小荒島岳を振り返り。
d0103314_22410657.jpg

モチガ壁も楽しんで登ってます。
若いですから、元気!元気!!
d0103314_22411953.jpg

木が白くなった景色が良いねっ・・・冬です。
d0103314_22413295.jpg

無事!山頂にたどり着きました。
用意しておいたお祝いのケーキ(←コンビニ仕様ですが^^;)
d0103314_22531952.jpg

のんびり休憩後
方位盤の雪囲いをしました。
Hさんにも手伝ってもらいましたm(__)mありがとう。
d0103314_22533097.jpg

ロープ、ぎゅっと結べないのですが(๑-﹏-๑)
d0103314_22534088.jpg

愛媛県からお越しのおやじ登山隊の皆さん♪
記念写真撮りっこして、仕上げの重石載せを手伝ってもらいました。
d0103314_22535245.jpg

何とか雪囲い完成(* ̄0 ̄)ノ
へなちょこぶりですが、春まで大丈夫でしょうか?
かなり不安です。。。。
d0103314_22540446.jpg

私達が最後の下山者となってしまいました。
さぁ~下りましょう。
d0103314_22541431.jpg

Hさんとは初登山でしたが、とっても楽しかったです。
すご~い年の差があるのですがヽ(@@;)丿
そんなの関係ないですね。

20人ぐらいの人が登っていたでしょうか。
お天気も良く、初冬の荒島岳を楽しめました。
気になっていた方位盤の雪囲いも出来て良かったです(やっぱり・・・不安)



by yukos32 | 2018-11-18 23:22 | 山登り | Comments(0)

紅葉の取立山へ

10月26日(金)
紅葉の山に行こう。

刈込池は新聞でもテレビでも放送され
恐ろしいくらいに賑わっているだろう!!

静かに紅葉歩きを楽しめ、午後1時には下山したい。
サクッと登れる山・・・そうだ!取立山へ登ろう。

駐車場に着くと、まさかの一番乗り。
誰も居ない・・・マジか!?
熊鈴2個付けて歩こう^^;
8:50スタート。。。チリンチリン♪
d0103314_22595713.jpg

落ち葉の上をサクサクッと。。。
d0103314_23001006.jpg

紅葉トンネル♪
d0103314_23002246.jpg

誰も居ない取立山頂上。
最近、多いなぁ~セルフ。
d0103314_23004296.jpg

今年は一度も登れなかった白山を撮っていると・・・
d0103314_23010336.jpg

「こんにちは」と声をかけられ、振り向くと。
うわぁ~ひろろさんです♪
ぼっち登山日に嬉しい出会いです。

こつぶり山を目指します。マユミ。
d0103314_23012521.jpg

ミズバショウ群生地からこつぶり山へ。
d0103314_23013495.jpg

滝谷。良い色になってます。
d0103314_23014447.jpg

こつぶり山で、ひろろさんとお別れです。
d0103314_23020675.jpg

私は白山に流れる雲を眺めながら休憩♪
d0103314_23022983.jpg

大滝コースから下りましょう。良い色だよ~
d0103314_23233119.jpg

振り返って。
d0103314_23234587.jpg

取立山方向。
d0103314_23235760.jpg

こつぶり山を振り返り。
d0103314_23251990.jpg

下って行けば、同じ景色でも違った色に見えます。
d0103314_23243697.jpg

青空に映える。
d0103314_23245507.jpg

ぽかぽか日差しの中を歩いていると、水が嬉しくなります。
d0103314_23294186.jpg

大滝まで下りてきました。
d0103314_23295608.jpg

虹がかかってます♡
d0103314_23300889.jpg

大滝周辺の紅葉はまだ早いようです。
d0103314_23302069.jpg

来週あたりが見頃なのかな?
d0103314_23302964.jpg

予定の午後1時までには下りて来れました。
ささっ・・・用事先に行こう。。。

取立山の紅葉。
写真で見るより、現地で見たら最高ですよ♪



by yukos32 | 2018-10-26 23:41 | 山登り | Comments(2)

2018年初の荒島岳登頂

ま・ま・まさかの・・・
今年はまだ一度も荒島岳頂上に立っていない。

春の登山道整備で、シャクナゲ平までは登っています。
そして、5月山開きに登れる!と思っていたが、雨で断念。
8月山の日イベントで登ろうと思っていたが、企画が中止に。
何だかんだしているうちに10月突入。
11月に入ると、いつ雪が降るか分からない。

このまま今年は登れない!?・・・そんなの絶対ダメダメ!

10月15日の休日には登ろう!決め。
密かに数日前から気合い入れまくり^^;
北アルプスにでも行く気分に。
厳密に言うと、14ヶ月ぶりの荒島岳登山なのです。

さて!前置きが長くなりましたが。
10月15日(月)
勝原駐車場に着くと、ほとんどが県外ナンバーの車です。
私が12番目の車のようです。
気合い入れて、久しぶりに山スカートで臨む。(ほとんど関係ないっか!)

そして、気合い入れた割には、8時15分のスタートと遅い^^
スキー場跡地は、トンネル工事の音を聞きながら、ゆっくり登る。
小っちゃい花に癒されます。
d0103314_22430602.jpg

ブナの森に入ると、台風21号の爪跡が。
d0103314_22433274.jpg

根こそぎです。
標高800m付近では竜巻のような状況だったのでしょうか。
d0103314_22434486.jpg

いつも、この辺りから前方にトトロの木が見え出すのに・・・
d0103314_22435452.jpg

倒れてしまったトトロの木。
左側の細い脚が残っていて、余計に悲しくなってしまいました。
d0103314_22440624.jpg

愛山会会員さんが巻き道を作ってくれ、歩き易くなっています。
d0103314_22441974.jpg

トトロの木ですよ。
d0103314_22443154.jpg

小っちゃな秋。
d0103314_22445492.jpg

ブナコブは健在です。
しばらく見ないうちに、顔つきが変わってしまいましたねぇ。
d0103314_22451086.jpg

深谷の頭手前のお気に入りの場所で休憩♪
d0103314_23002798.jpg

池に突き出すネッシー?
ジッと見ると、犬に見えます。
d0103314_23003998.jpg

シャクナゲ平に到着。
d0103314_23005164.jpg

モチガ壁からシャクナゲ平、小荒島岳を振り返り。
色付いてきてますね♪
d0103314_23010224.jpg

もう少し陽が差し込めば、綺麗に見えるのでしょうが。
d0103314_23011743.jpg

中荒島岳。
ここまで登ってくれば、あと少しガンバ!
d0103314_23013061.jpg

そして、14ヶ月ぶりの頂上です。
記念に方位盤の上にカメラを置き、セルフ撮影。
d0103314_23014416.jpg

頂上はポカポカお日様が嬉しい。
寒くなく、ノンビリとランチタイム。

下山の、この景色が迫力あって好きだなっ♪
中荒島岳・・・前荒島岳と。
d0103314_23015705.jpg

青空が嬉しいです。
d0103314_23022295.jpg

無事、今年初の荒島岳に登る事ができました。
出会った登山者は18人ぐらいでしょうか。
歩いている時は、ずっと一人で、静かな山歩きでした。
でも、楽しかった♪
またチャンスがあれば、紅葉真っ盛りなときに登ろっと。




by yukos32 | 2018-10-16 23:31 | 山登り | Comments(3)

16年ぶりの白馬岳♪2日目

8月19日(日)
お盆のテント泊。
夏用シュラフでは寒くて何度か目が覚める。
am3:00過ぎには、出発する人達がガサコソ撤収し始めてます。
私達はノンビリと雑炊を食べ、コーヒーを飲んでからテント撤収です。
青空。気持ち良い朝です♪
打ち上げ花火のような雲・雲・雲
d0103314_22571038.jpg


さぁ~白馬岳目指して出発です。
少し登ったら、八ヶ岳の後方に富士山が見えるではありませんか♪
d0103314_22572399.jpg

頂上宿舎を振り返ると
ぞろぞろ登ってくる登山者達。。。
d0103314_22573671.jpg

白馬山荘前にて
右に剱岳&左に槍ヶ岳をバックに仁王立ちの私^^; ウリャッ
d0103314_23040047.jpg

白馬岳山頂。
実に4回目の登頂なのでありました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.
d0103314_22575200.jpg

ここからは、雪倉岳と朝日岳を眺めながらの稜線歩きです。
d0103314_22580383.jpg

赤い三角屋根の朝日小屋も見えてます。ズーム!
d0103314_22582246.jpg

懐かしいなぁ~
これまた・・・20年前になるのか!?
蓮華温泉ー白馬大池ー白馬岳(泊)ー雪倉岳ー朝日岳(泊)ー蓮華温泉
楽しかった山歩き♪思い出します。

白馬岳を振り返って。
カッコ良い~(///∇//)♪
d0103314_00111190.jpg


そして三国境。
雪倉岳と白馬大池方面との分岐です。
d0103314_22583658.jpg

16年前。
親不知の海抜0mから栂海新道を歩き。。。
犬ヶ岳ー黒岩山ー長栂山ー朝日岳ー雪倉岳ー
そして3日目に、この分岐地点にたどり着いたときの事、よく覚えています。
あとチョットで白馬岳だぁ!!ゴールが近付いた気がしました。

色んな事、思い出しながら・・・先に進みます♪

小蓮華山を越え、稜線の先に白馬大池が見えてきました。
d0103314_22585961.jpg

チングルマ越しに白馬三山・鹿島槍を振り返ります。
10時を過ぎると雲が湧いてきました。
d0103314_22593177.jpg

稜線歩きは楽しいーーー♪
今日は絶好調の私☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.
d0103314_22594284.jpg

船越ノ頭を過ぎ、雷鳥坂を下ると白馬大池です。
d0103314_23322034.jpg

雷鳥坂と言われるだけあります。
雷鳥の親子に出合いました♡別の場所でもムクムク餌を食べてました。
d0103314_23324096.jpg

白馬大池山荘で高級なカップラーメン&ジュースを買い^^休憩。

ここから乗鞍岳までは大きな岩(石)を飛び越えて進みます。
d0103314_23325635.jpg

大きな岩の上をピョンピョン歩くのは楽しく
大きなケルンが立つ乗鞍岳まで続いているのでした。
d0103314_23332239.jpg

この先も岩は続き、次第にアスレチックのようになってきて
岩歩きも疲れてきたな?と思ったところで天狗原の木道が見えてきました。
d0103314_23334202.jpg

天狗原の湿原は、この暑さで干せ上がっていました。
木道の後は、土道を下って行き、栂池平に到着。
d0103314_23335158.jpg
栂池名物のさるなしソフトクリームを食べ
ロープウェイ・・・ゴンドラに乗って下山しました。
下山後は、タクシー乗り合わせで猿倉まで戻りました。
お疲れさま~

4回目の白馬岳でしたが
お天気も良く大パノラマそして稜線歩きを楽しめました。
1日目の絶不調のことは忘れ^^;
思い出に浸りながらの山行でした。
今回、白馬大池から栂池まで歩いたので
白馬岳への全登山コースを歩いた事になるのかしら!?



by yukos32 | 2018-08-29 00:02 | 山登り | Comments(0)

16年ぶりの白馬岳

今年のお盆休みは例年より長く。
連休後半17日~18日に山登りの計画を立てる。
…が!16日は雨降り、それも寒い。
予定変更し、18日~19日 行き先は白馬岳
猿倉ー大雪渓ー白馬岳(テント泊)ー小蓮華岳ー白馬大池ー乗鞍岳ー栂池

猿倉の駐車場は朝方では満車になり、八方の駐車場に誘導されるらしい。
それではと、17日夕方に大野を出発し、ゆるりと猿倉を目指し車中泊。
すでに、猿倉も寒くてなかなか寝付けない。。。。

8月18日(土)
am5:45 猿倉荘で登山届けを提出し出発です。
d0103314_23422469.jpg

朝の爽やかな空気の中、白馬尻小屋を目指し1時間程歩きます。
d0103314_23480756.jpg

おつかれさん!
小屋手前の登りで、気分が悪くなり・・・げげっ^^;大丈夫か?
d0103314_23424004.jpg

しばし、小屋前のベンチで休憩後
軽アイゼンを装着し、いざ!大雪渓を登ります。
d0103314_23425273.jpg

青空が良いね♪
d0103314_23430359.jpg

大雪渓前半は涼しくて快調に登るが
急斜面になりだすと、もう完全カメさんモードに。
我慢・我慢の歩きで、ようやく雪渓歩きが終わりました。
振り返ると、まだまだ大行列です。
d0103314_23434121.jpg

雪渓からのザレた斜面、落石がザラザラ・ゴロゴロと
とてもじゃないけど休憩など出来ない。
アイゼンを外して、手に持ったまま安全な場所まで登る。
めっちゃキツイ(→o←)ゞ

紫色が冴えまくるトリカブト☆綺麗だ。
d0103314_23435766.jpg

クルマユリも青空に映えます。
d0103314_23441127.jpg

岩室跡を確認し、あと2時間で白馬頂上宿舎。。。ふぅ~
30分程歩いて休憩。
なかなか進まない。。。。辛すぎるぅ~
ようやく、テッペンに頂上宿舎の姿を確認。
見え出してからが、遠いんだよな。
d0103314_23442842.jpg

頂上宿舎のテント場に着くと、もう我が家は完成してました(๑-﹏-๑)汗
d0103314_23445027.jpg

宿舎前のベンチで昼食、おにぎりを頬張る。
朝は気分が悪く、途中はヘロヘロで、ほとんど食べることなく
本日初の食事。
頑張ったご褒美にお奨めのチーズケーキを頂く♪
d0103314_23445936.jpg

時間はたっぷりあります。
宿舎前のベンチでまったりタイム♪
d0103314_00120968.jpg
お隣の杓子岳を眺めたり、スマホで遊んだり
隣りで休憩していた福井市から来られたグループの人と話ししたりと過ごす。

※今回、モバイルバッテリーを持ってきたため、安心してスマホを使っていましたが
なんと!アタッチメントを持ってくるのを忘れて・・・充電出来ず。
残り26%だと(_ _。)
電源切って明日に備えることに。

テントに戻り夕飯。
赤飯が美味しかった♪
食事後は夕日を見るため、5分程登る。
杓子岳が赤く染まってきてます。
d0103314_00122357.jpg

急いで登る。
意外と登らなくてはいけなくて
沈んでしまう~と焦る。
d0103314_00123754.jpg

能登半島沖に沈んでいきます。
d0103314_00124651.jpg

振り返り、テント場を見下ろし、上部に白馬山荘を望む。
テントは100張り以上ですね。

d0103314_00130916.jpg

すっかり沈んでしまいましたね。
d0103314_00125508.jpg

一日が終わりました。
さぁ~テント泊の長い夜が始まりますzzz....おやすみなさい。

2日目はまた。。。




by yukos32 | 2018-08-23 00:35 | 山登り | Comments(0)

霞沢岳☆2日目

7月16日(月)海の日

am3:00過ぎ起床。
準備してam4:00まだ暗い中、徳本峠を出発。
久しぶりの暗闇出発ですが、私のヘッドライトが暗すぎる^^;

空が白んできました。
d0103314_23060907.jpg

新しい朝です。
d0103314_23062169.jpg

1時間程歩いてジャンクションピーク。
虫が多く、ネットを被る。
d0103314_23063113.jpg

しばらくは、素敵な景色を見ながら歩きます。
奥にチラリと見えるのは富士山かしら!?
d0103314_23064233.jpg

明るくなれば、穂高の雄姿を見ながらの歩きとなります。
d0103314_23065334.jpg

ジャンクションピークを過ぎてからは、いくつものアップダウンを繰り返し。
息は上がり、足は重いし・・・
K1ピークから下りてくる人には
「ここからは、もっと厳しくなりますよ。お気をつけて・・・」言われ。

ここまででも充分、キツイ・・・っす。心の中で叫ぶ!!

K1ピークを登り切ったところを今日のゴールにしようか?
ブツブツ・・・思う。

お花畑に癒され♪
d0103314_23070346.jpg

素晴らしい景色に感動し♡
d0103314_23071412.jpg

よれよれながらも、K1ピークに到着。
d0103314_23072949.jpg

・・・で!
霞沢岳は、私の後ろの2コブ目です。
とは言っても、また小刻みなアップダウンが幾つもあるわけで
げっ(๑-﹏-๑)

地図を広げ、コースタイムを確認し
あと2コブ越え!!頂上まで行こうーーー♪
少し休憩し、景色を楽しんでから出発。

前穂、奥穂、岳沢方向。
d0103314_23074678.jpg

中央に岳沢小屋が見えます。
涸沢ー北穂ー奥穂ー前穂ー岳沢と歩いたのは何年前だろ?
d0103314_23080486.jpg

焼岳と奥に白山が見えてます。
d0103314_00525773.jpg

アップダウン・・・
d0103314_00531201.jpg

そして、霞沢岳に到着です。
d0103314_00532973.jpg

360度パノラマを堪能します♪
素晴らしい景色とお天気に感謝し
頑張った自分をほめてあげ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.

飽きない景色です♪
d0103314_00534370.jpg

山々の重なりも素敵♪
d0103314_00540148.jpg

お花畑の中を下山しましょう。
d0103314_00541724.jpg

この後、K1ピークに戻ってからは、ザレた登山道の下りとなり
また、幾つものアップダウンを越え、徳本峠を目指します。
キヌガサソウにも癒され♪
d0103314_00543053.jpg

嫌になるほどのアップダウンを乗り越え徳本峠に戻ってきました。
小屋前で記念撮影し、明神まで下ります。
d0103314_00544403.jpg

峠から明神までの登山道は歩きやすく
霞沢岳登頂の達成感もあり、足取りも軽くなります。
明神でソフトクリームを食べようー♪
目標をたて!淡々と下って行き・・・
美味しく♪ソフトクリームを頂きました。満足!

さぁ~
ここから上高地まで50分。
後半、足の疲れがドッと出てしまいましたが
無事、到着。
d0103314_00545427.jpg

バスターミナルでは
即!あかんだな行きのバスの列に並ぶのでした。
待つ間、カキ氷をシャリシャリ食べ
暑い暑い下界へと戻ってきたのでした。

家に帰り、山と渓谷5月号(上高地・穂高特集)を読み返し
****************************
【霞沢岳】上高地の裏山はスゴイ山
標高 2,646m
総距離 約23.5Km
登りの累積標高差 約2,180m
下りの累積標高差 約2,180m
****************************
おおおっ!確かにスゴイ山でした。
登りも下りも同じ標高差って(→o←)ゞ

コースタイム見たとき、徳本峠から頂上まで登り4時間。
荒島岳よりちょっとキツイ感じ。
下りは上高地までの距離をプラスするだけ!?
なんて甘く考えてましたが。
霞沢岳!!舐めておりました~
やはり北アルプスです。

辛かったけど楽しめた♪山です。
久しぶりの根性登山になりましたが。
夏はやはり山登りですね。
下界の猛暑が嘘のように涼しかったです。



by yukos32 | 2018-07-24 08:22 | 山登り | Comments(0)

2018年夏☆霞沢岳 1日目

今年は珍しく海の日に3連休の私。
例年なら海の日は梅雨末期の大雨というのが定番。
しかし、今年は梅雨も明け、連続晴れ日174.png

さて、どこに登りましょうか?

剱岳早月尾根から・・・
甲斐駒ヶ岳黒戸尾根から・・・あれこれ思うが。

前々から気になっていた霞沢岳に決定。

7月15日(日)am2:00過ぎ大野を出発し、上高地を目指す。
また今年も上高地にやって来ました。
明神で休憩。もうすでに青空♪
d0103314_13094528.jpg

明神からしばし歩いて、いつもは横目に見るだけの案内板。
ここを右折して、本日の目的地「徳本峠」を目指す。
d0103314_13095435.jpg

最初は幅の広い林道ですが、次第に狭くなり山道へと。
サンカヨウの実が美味しそう。群生してました。
d0103314_13120552.jpg

沢があり、涼しいです。
d0103314_13100463.jpg

緑も目映く、清々しい気持ちに。
下界は猛暑日ですが、ここは涼しい♪
d0103314_13101416.jpg

センジュガンピが登山道を賑わしてくれてます。
d0103314_13102641.jpg

第一ベンチ、第二ベンチ辺りから、穂高の山々が見えてきます。
テンションあがります~
d0103314_13103955.jpg

そして、徳本峠小屋に到着。
雑誌などの写真で見ていた通り、趣のあるお宿です。
d0103314_13105509.jpg

ここから45秒歩くと展望台。
明神岳、前穂高岳、奥穂高岳、ジャンダルムも西穂高岳まで見えます。
d0103314_13110778.jpg

こちら側から見る奥穂高岳、ジャンダルム・・・良いねぇ。
穂高岳の山座同定。
教えてもらったり。
チョット違っているようだけど熱弁の人がいたりで。
楽しい時間を過ごす。
d0103314_13111786.jpg

明日は、霞沢岳をピストンし、上高地へ戻り、大野へ帰る予定。
11時間の行程。
早く寝て、am4:00出発だぁ~

2日目のレポはまた・・・




by yukos32 | 2018-07-20 18:35 | 山登り | Comments(0)