白兀山(しらはげやま)・・・医王山

 7月1日(日)医王山(いおうぜん)に行きました。
shonさんの2005年レポートをプリントアップして持って行きました。
山の前に、ちょっと寄り道をし、夕霧峠を目指します。ナビでは夕霧峠が検索出来ず、迷いつつも国見ヒュッテにたどり着きました。ヒュッテで地図やパンフレットをもらい、現在地と行き先の確認が出来るのでした("^_^")
shonさんのレポどおり、「しがらくび登山口」を探します。登山口近くに駐車。
登山口発10:15 ここから白兀山までは30分程。d0103314_20291659.jpgd0103314_20293190.jpg








頂上には鉄骨の展望台があります。
頂上にはササユリが咲いています。
レポと地図を確認し、トンビ岩を目指します。ここの山はヤマボウシの白がイッパイです。
d0103314_20354930.jpg

d0103314_20374892.jpg

歩きやすい登山道で、ブナの森を歩くのは気持ち良い。
ブナ肌も綺麗で、スッーと伸びています。
d0103314_2041620.jpg

d0103314_20414735.jpg

いよいよ岩場に出ると、大沼が見下ろせます。右側のやせ尾根の先がトンビ岩。
ここでは、ゆっくり景色を楽しみながら休憩。
d0103314_20481418.jpg

トンビ岩の方を見ていると、カモシカが現れます(●^o^●)
あらあら・・・後ろから子供も付いて来てます。急斜面の歩き方を教えているのでしょうか?
中央に居るのが分かるでしょうか?(^^ゞ
d0103314_20503966.jpg

やせ尾根を歩いていると、いづれここも戸隠山のように、スリリングなルートになりそうです。
そして、トンビ岩です。
d0103314_2055237.jpg

そして、物好きな私はトンビ岩の先っちょまで登り、ハイポーズ。
タイトル「トンビ岩&トド」 (ーー;)(●^o^●)\(◎o◎)/
d0103314_2057334.jpg

先っちょから下を覗き込んで、さて下りましょうか。
ここからは、岩場の下りです。鎖を頼りに100m程下ります。
久しぶりの感触。不思議と楽しい♪♪♪~

d0103314_21423837.jpg

d0103314_2134059.jpg

岩場が終わると次は三蛇ヶ滝です。何て、楽しい山なんでしょう。
d0103314_2124192.jpg

川で、鎖のサビが付いた手を洗います。ここのベンチで滝を見ながら昼食とします。
ラーメンのお湯が沸く間に写真を撮ったり、のんびりモードです。
なんて、40分程休んでいると雨が降りだして来ました・・・撤収!!
カッパ上着だけ着て、大池平を目指します。10分程で大沼と立派な休憩所があります。
d0103314_21102756.jpg

d0103314_21105478.jpg

休憩所には多くの登山者が居て、ここには寄らず、道標だけ確認して歩き出しました。
shonさんのレポでは、30分程で覗(のぞき)となっていました。
しかし、すごい急登で、ぐんぐん登っていくのです。あれっ?ちょっとおかしくない?
地図を確認・・・どこにも分岐も無かったしなぁ・・・
そのまま登る・登る。いい汗かかせてもらってま~す(>_<)
どうにか覗に到着。ここにも休憩所があります。
ここで休んでいた人によると、「あの急な所を登ってきたんか。こっちに緩やかな道があるのに。」(ーー;)どうやら、大沼からもうちょっと先、池まで行くと分かったようです。
いい運動させてもらった!!と思えば、これも楽し♪
休憩所からは広い道を歩くこと15分で「しがらくび登山口」に到着。
途中、ウサギが道に出てきて草を食べているのです(●^o^●)可愛い。
そっ~とカメラに手を伸ばしたら、気配を感じたのか、草むらに隠れてしまいました。
今日は、カモシカにウサギと楽しい出遭いがありました。
この辺一帯を医王山というそうです。いろんなコースを選べるし、休憩所も各地点にあるし、
見所、遊び所がイッパイです。
今日歩いたコースは4時間程です。たった4時間の山で、楽しいバリエーションがギュッ~と濃縮されたような山でした。楽しかったです(*^^)v
by yukos32 | 2007-07-02 21:29 | 山登り | Comments(0)