7月20日(日)

雲取山荘の朝は早い。朝食は5:00です。
たっぷり寝れたので、朝ごはんもしっかり食べて。
6:00山荘出発です。
d0103314_23183063.jpg
山荘からは頂上を登らずに巻き道があるが、青空なので再び頂上まで登る事にします。
ここは埼玉県です。道標にも埼玉県と記されてます。
d0103314_23213976.jpg
30分程で雲取山頂上です。山頂は東京都です。
青空ですが富士山は見えません(。>0<。)
昨夜、ストーブを囲んで山話で盛り上がった山ガールYuriちゃんと記念撮影。
d0103314_23264707.jpg
小屋泊まりの楽しみは、いろんな人と話が出来る事もありますね♪
Yuriちゃん、ありがとう♪楽しかったです。

頂上から100m程下側に避難小屋があります。赤い屋根が見えてますね。
頂上側から見ると、こういう位置関係です。左下はトイレです。
d0103314_23310793.jpg
雲取山荘の人から聞いたとおり、土台が危ないです。
d0103314_23322183.jpg
石垣も崩れてます。
d0103314_23331144.jpg
こうやって見ると、建てる場所!というのは大事な事ですね。
本やネットで見ただけでは分からない事です。
実際に見て、聞いて分かる事も一杯でした。

調査隊!任務終了です。

さぁ~下山しましょう。
青空(*^ー^)ノ最高です。
d0103314_23370181.jpg
名残惜しげに避難小屋を見上げます。
d0103314_23374092.jpg
まるでスキー場のようですね。
d0103314_23382875.jpg
その後も、富士山が見えないか?目を凝らしますが・・・

見えません(_ _。)
d0103314_23393630.jpg
富士山の頭さえも確認出来ないまま、樹林帯に入ってしまいます。
d0103314_23414163.jpg
シカの鳴き声を聞きながら歩きます。

七ツ石山には登らず、巻き道を行きます。
急峻な谷を横目に見ながら狭い登山道を進みます。
d0103314_23442504.jpg
途中、こんな橋が掛けてありました。
d0103314_23455856.jpg
谷が深い所ですよヽ(@@;)丿
d0103314_23481131.jpg
橋を渡ると、滝があり!マイナスイオンシャワーたっぷり浴びます。
ここ一帯は空気が違ってました。
d0103314_23502422.jpg
ほどなく、登山道に合流です。
その後は日が差し込む登山道を行きます。緑が綺麗です☆
d0103314_23514218.jpg
今日は多くの登山者が登ってきます。
やはり登山ブームなのか!若い人たちが多いようです。

登る時、荒れていない綺麗な登山道だと思っていたのに・・・
下山時には土や砂利が盛り上がり、雨の流れた道が出来、荒れていたのでした。
昨日はやはりゲリラ豪雨だったようです。
局地的に降るemoticon-0156-rain.gif気を付けないといけませんね。

登山口10:35着。
車に乗ると、また雨がポツポツ降ってきたのです。
ギリギリ♪セーフで雨に遭わずにすみました。
近くの道の駅にある日帰り湯に入り、スッキリ(///∇//)さっぱりして。

遠ーーーい大野まで帰りましょう。。。




[PR]
by yukos32 | 2014-07-21 23:40 | 山登り | Comments(0)

7月19日(土)~20日(日)
避難小屋調査隊は東京都最高峰の雲取山に登って来ました。

7月18日(金)21時大野を出発する。
東京までは遠いーーーwa。
登山口となる鴨沢に着くが、駐車場に車は無い。雨予報のせい!?
東京はゲリラ豪雨。雷注意報が出ている^^;

7月19日(土)
6:50登山口発。
d0103314_14404637.jpg
登り10Kmもの長丁場ということで、気合(* ̄0 ̄)ノ
すらっとした杉林の中。ゆるやかな歩きやすい登山道を行きます。
d0103314_14431552.jpg
第一目標の七ツ石小屋に到着。
d0103314_14452595.jpg
新しく作られたバイオトイレを見学。
d0103314_14460273.jpg
小屋前を通って奥にトイレと休憩場があります。
d0103314_14472657.jpg
ベンチから見たトイレです。
d0103314_14483797.jpg
バイオ式トイレです。
d0103314_14492346.jpg
中も綺麗です。臭いもありません。
d0103314_14500518.jpg
トイレットペーパーを捨てても良いようです。
あとは登山者のマナーですね。協力金もお忘れなく!
d0103314_14511428.jpg
その後、七ツ石山も登りました。
ここを登らなくて、巻き道を行っても雲取山には行けるそうですが。
やっぱり登らなきゃね(*^ー^)ノ防虫ネットかぶってますぅ~
d0103314_14533456.jpg
頂上から下ったあとの登山道は広々として気持ち良い。
目の前を何度かシカが横切ったりしてます。
シカさん親子が居ますよ。えっ?ここはシカ公園??なんて勘違いしてしまいそう。
d0103314_14564521.jpg
人なつっこいシカさんです。近付いてくるんです。
d0103314_14581161.jpg
チラッと青空ものぞきだし、気分良し♪
d0103314_15095738.jpg
気分はるんるん♪
うん?写真で見ると背後からガスが迫ってきてました。
d0103314_15105642.jpg
奥多摩小屋です。
小屋番さんがいらっしゃるようです。
d0103314_15113250.jpg
この小屋を過ぎたあたりから、空が暗くなってきたのです。
そして天気予報どおり、12時頃から雨が降り出しました。

カッパ上下を着込み、下山してきた女性グループとお話しを。
「雲取山頂上は晴れていて富士山も見えましたよ♪」って。

きゃー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.羨ましい。

もうチョット早く登っていれば!?なんて思うが・・・その体力なし!!

雨が降り出してからは黙々と歩くのみ。
先が見えないから、あとどれくらいで頂上なのか分からない。
そんな中、いきなり避難小屋の屋根が見えたのです。

雲取山避難小屋に到着です(*^ー^)V
d0103314_15224727.jpg
小屋前でザックを下ろし、調査開始です。
詳しい調査内容は荒島岳Facebook(←こちらから)ご覧下さい。
玄関戸は二重です。
d0103314_15241094.jpg
玄関を入って、土間の突き当たりの様子です。
d0103314_15271809.jpg
左手の板の間です。広いです。
d0103314_15280055.jpg
片隅に置いてあったノートに調査隊もコメント入れさせてもらいました。
d0103314_15295045.jpg
この避難小屋のトイレは別の建物です。
小屋の下側にあります。
d0103314_15313864.jpg
調査後、100m程先の頂上に行きます。
記念撮影を!調査している間に雨は上がりました。
d0103314_15332308.jpg
予定ではここから下山する!日帰りのはずでしたが
午後からは雷予報が出ていたので、雲取山荘に泊まることにしました。
頂上から20分程下ると小屋です。
d0103314_15354361.jpg
立派な小屋です。
小屋内でノンビリしているとemoticon-0156-rain.gifバシャバシャemoticon-0156-rain.gifと雨音が。
ドシャ降りです。
続々と登山者が到着の様子です。
私達はたいした雨じゃなくラッキー♪でした。

夕食後、ストーブの周りで楽しいお喋りタイムです。
山荘の方の体験談や山ガールYuriちゃんの楽しい話を聞きながら・・・
消灯までの時間をまったり過ごしました。

こんな夕日も見れて♡
d0103314_15433658.jpg
明日は晴れるかな?

期待しつつ・・・お休みなさいzzz

2日目レポはまた!




[PR]
by yukos32 | 2014-07-21 15:46 | 山登り | Comments(0)

富士山を眺めに♪

3月15日(土)
雪の無い山に登って、富士山を眺めたい(*v.v)。
どこに登りましょうか?・・・

早朝、大野を出発し静岡県を目指す。
高速から見た富士山。どデカイ(*^ー^)ノ青空だし気分も上々♪
d0103314_21335467.jpg
富士宮市の白水山(しろみずやま)標高811mに登る事にする。
登山口はユートリオ駐車場近く。青空だよ♪
d0103314_21383152.jpg
ヤマレコのレポを参考にし、駐車場の地図で確認し、小学校横の登山口を探すが迷う。
近くに居た人に、どこから登るのか聞いてみると、親切に案内してくれたのです。
「この尾根を登ると思いますよ。下山道だと思いますが・・・」
あはっ(๑-﹏-๑)大丈夫でしょうか?

立派な杉林の中を登っていきます。登山道も歩きやすいです。
d0103314_21465446.jpg
それにしても急坂が続きます。
登っても登っても、富士山は見えません。
ずーっと、杉と檜ばかりです。
あまりにも急な登りばかりで、かかとが痛くなってきてしまいました(。>0<。)
「富士山が見えない」とぶつぶつ言っている間に頂上に到着。展望なし。
ここまで休憩なし。とりあえず証拠写真だけ撮りましょ。
d0103314_21514793.jpg
すっかり曇り空になっているし、頂上付近は雪も残っていて寒いです。
またまた休憩することなく下山とします。
その後、見晴台という地点がありますが霞んでます。
10人近くの人が休んでいましたが、ここもスルーします。
期待の富士山展望台に来ましたが・・・この景色です。
d0103314_21565435.jpg
「富士山が見えない。富士山を見に来たのに・・」ぶつぶつと。
石神峠からは登山道を見失い、どこに行ったらいいのか迷う。
林道下に、登山道発見で一安心です。
その後も黙々と ぶつぶつと歩き、集落のある登山口に下りて来ました。
稲子川沿いの車道をユートリオ駐車場目指して歩きます。
梅の木がピンクで綺麗でした。
d0103314_22022148.jpg
春ですね♪
d0103314_22030999.jpg
白水山。どこからも富士山を眺める事が出来ませんでした(。>0<。)
「富士山が見えない」と言いながら歩いていたら
休憩なし、飲食なしで4時間歩き続けてしまいました。
ぽかぽか・のんびり山行の予定でしたが、激トレーニング山行となってしまったのです。

山に登って、休憩なし、飲む事も食べる事もしなかったなんて初めてです^^;
でも、歩き通せたことも凄いかも!?

下山後、山梨県側に走ったら、青空で富士山がドッカーンと見れました(*^ー^)v
d0103314_22091092.jpg
これで、ヨシ!!としましょう。
富士山は真っ白です。
この季節、何度かこの地に来てますが、こんなに白い富士山を見るのは初めてかもしれません。

先週の荒島スノーハイクでは撃沈気分でしたが、今日は「次はどこに登ろうか?」と
前向きに考えられるようになりましたemoticon-0115-inlove.gif

下山後、再度ネット検索していると、白水山=マイナーな山と書いてありました。
確かに!マニアック!?
でも、富士山を眺めるシリーズの山として、また一座制覇です。




[PR]
by yukos32 | 2014-03-17 22:12 | 山登り | Comments(3)

竜ヶ岳レポ

2013年3月2日(土)
本栖湖キャンプ場に車を停めam6:30出発です。
キャンプ場を歩き出すと、目の前に富士山が見え“ぎょっ”とする。
d0103314_23585712.jpg

バンガローの間を抜け、本栖湖畔周遊歩道に入ると凍ってます☆ツルツルです。
d0103314_001814.jpg

軽アイゼンをつけます。
つま先側で滑らないよう、靴底をフラットに置き、ガシガシ歩きます。
登山道に入ると、頂上に向けて直登の急坂。
ここも凍ってます☆足元はフラットに・・・
軽アイゼンがないと、登れなかったでしょう。
北陸の山では、このように登山道は凍りませんからฅ(๑•̀ω•́๑)ฅ

途中、ベンチで休憩です。
d0103314_062259.jpg

青空がイイねぇ♪

頂上は風も無く、ベンチで休憩。
簡単ランチと写真撮影。
富士山が逆光となるため、上手く撮れません^^;
d0103314_094647.jpg

下山は東屋があるコースを行きます。
こちらは日当たりがよく、雪解けしている部分が多く、泥んこ道です。
ぐちゃぐちゃ&ツルツル(* ̄0 ̄)ノ
こんな道ですから、軽アイゼンがちょうど良いです。
東屋から石仏と頂上を振り返って・・・
d0103314_0144315.jpg

東屋から見る富士山です。
d0103314_0155499.jpg

その後も、ツルツル道を慎重に下り、無事!キャンプ場に到着しました。

そして、本栖湖と精進湖に回り、富士山の写真を撮るが・・・
黄砂のせいなのか、スッキリとした写真が撮れていなかった。

でも、目の前に現れたデッカイ富士山を楽しめたから(*v.v)。満足♪

竜ヶ岳、春を思わすポカポカ山行♪

その数時間後には、雪の降る大野へと帰ってきたのであります。。。
[PR]
by yukos32 | 2013-03-03 23:55 | 山登り | Comments(0)

4年ぶりの竜ヶ岳(*v.v)。

本日、3月2日(土)

竜ヶ岳に登って来ましたemoticon-0115-inlove.gif
d0103314_200549.jpg

富士山を愛でてきました♪

昨夜、出かけまして。。。

もう我が家のパソコンの前ですฅ(๑•̀ω•́๑)ฅ はやっ!

簡単レポは、また明日に!
[PR]
by yukos32 | 2013-03-02 20:04 | 山登り | Comments(0)

GWハイク ~飯盛山~

2011年5月2日(月)
長野県・飯盛山(1,643m)に登ってきました。
平沢峠にある、しし岩登山口から登る。
d0103314_22451229.jpg

近くに見える八ヶ岳が綺麗ですemoticon-0171-star.gif
登山道はなだらかで歩きやすかったです。
d0103314_22464810.jpg

飯盛山と平沢山の分岐辺りの展望が良い場所で休憩♪
ここからは富士山が見えるはずなのに(。>0<。)今日は黄砂のため霞んでます。
右側に薄っすらと南アルプスが見え隠れしているのに
富士山は薄っすらとも見えません(→o←)ゞ残念。。。
d0103314_22502328.jpg

飯盛山頂上で八ヶ岳をバックに(*^^)v
d0103314_2251119.jpg

休憩と記念撮影し、平沢山を目指します。
気持ち良い山歩きが出来る所ですね♪黄砂がなければ、もっとスッキリなんでしょうが・・・
d0103314_22554779.jpg

平沢山の登りで、飯盛山を振り返ります。野辺山スキー場も見えます。
d0103314_22543898.jpg

平沢山頂上(1,653m)でランチとします。
ノンビリしますがZzz…(*´?`*)。o○富士山は顔を出してくれませんでした。
記念撮影をし、下山します。
d0103314_22591986.jpg

登山口まで下りてきてから、シンボルのしし岩を撮りました。
d0103314_2304176.jpg

360度の大展望。富士山、八ヶ岳、南アルプスを楽しめる山です。
飯盛山は富士山を眺める山の一つでありましたが、今回は黄砂で見ることが出来ませんでした。
でも、暑くも寒くも無くルンルンと♪・・・楽しく歩けて満足ですemoticon-0115-inlove.gif

その後、八ヶ岳倶楽部へ (つづく)
[PR]
by yukos32 | 2011-05-04 23:07 | ハイキング | Comments(0)

竜ヶ岳へ登ってきました

1月24日(土)ダイヤモンド富士で有名な竜ヶ岳へ登ってきました。

23日(金)21:00大野発。
SAで仮眠をとりつつ、竜ヶ岳登山口へ向かう。

24日(土)登山口となる本栖湖キャンプ場7:30出発する。
バンガローの中を抜け登山道へ進む。
寒さは感じないが、登山道は土も雪も凍っている(ーー;)///こわっ
端の方の雪がザクザクしているところを選んで歩く。
アイゼンがあると良いのだが・・・持っていない(>_<)
d0103314_055463.jpg

うわっ!立派な富士山だ。
ここからは何枚も写真を撮る。
d0103314_058156.jpg

素晴らしい青空と頂上。
大野が雪だなんて信じられないようなお天気だ♪
d0103314_0591435.jpg

途中、立派な東屋があり、展望が良いので休憩。
ここには石仏もある。
d0103314_10786.jpg

本栖湖。
d0103314_103859.jpg

あとチョット!(^^)!
d0103314_111688.jpg

広々とした頂上です。テーブルとベンチがあります。
d0103314_12830.jpg

頂上から見た富士山(*^^)v
d0103314_123681.jpg

富士山を真正面に、温かいうどんを食べる♪
こんな雄大な景色のなかに居ると
ここ最近の暗い社会状況なんかを忘れさせてくれる!!
ほっ~♪とする、そんなひと時である。
d0103314_18957.jpg

左側から雲が湧いてくる。
d0103314_183875.jpg

そして、ハイポーズ♪(*^^)v
d0103314_191621.jpg

右からも雲が湧いてくる。
d0103314_195290.jpg

ついに、雲がつながってしまいました。
d0103314_1102268.jpg

雲かと思っていたが、キラキラ☆しているところは海です。駿河湾。
d0103314_1114595.jpg

こんな素晴らしい景色を堪能し11:00下山開始♪
下山し始めると、多くの登山者が登ってくるのでした。
皆さん、アイゼンを装着。なめていたのは私たちだけのようでした。
下山する頃には雪も緩むかと思っていたが甘かった(ーー;)
やはり凍っている・・・端のほうをザクザク歩く。
雪が解け土が出ていると安心しても、土も凍っているw(ーー;)wao~
青空で寒くも無く、春のような気分にさせてくれるが気温は低いのだろう。
こんなお天気の中、お泊りで明日もどこかの山に登りたい気分であるが
大野に帰らなければならない・・・
岐阜、白鳥まで来たら雪。そして大野はサラサラの雪が積もっていた。
寒さと共に、一気に現実に引き戻された感じなのである。
emoticon-0115-inlove.gifこの、ギャップがまた良いのかな。
また、富士山を眺める山行が出来たら良いなっ♪

そうそう、皆さんはアイゼンをお忘れなく(ーー;)v
[PR]
by yukos32 | 2009-01-26 01:10 | 山登り | Comments(2)

4月8日(日)石割山に眼病に効くという水を汲みに行ってきました。
朝、5時近くに石割山の登山口に到着。少し休憩し、登ることにする。
橋を渡り、赤い鳥居をくぐると、長い長い階段が待っています。
d0103314_23104371.jpg

d0103314_2311196.jpg

階段を登りきると、あとは快適なハイキングコースとなるのです。
今日はガスっていて、富士山が見えません・・・残念!なんて思いつつ歩いていると、突然、富士山が現れるのでした。真っ白です。何度見てもデカイ姿。
るん♪
d0103314_23144096.gif
d0103314_23145655.jpg

d0103314_2315919.jpg

三度目ともなると、工程がわかるため休む事無く、石割神社に到着。
早速、お参りし、狭い岩の間を三回時計回りに通ります。
d0103314_232012.jpg

今回は、無駄なく水を取るため、大きなペットボトルを半分に切り、三箇所から落ちてくる水を取りました。落ちてくる水滴は昨年12月からみると比べものにならないほど、大きな水滴で落ちる間隔も早いのです(*^^)v
2時間半で500mlのペットボトルいっぱいの水が取れました。
やったー!!
d0103314_23261354.gif
待っている間、他の登山者に、福井から水を汲みに来ました。と言ったなら、とっても驚かれました。地元の人でも、ここの水が眼病、皮膚病に効くとは知らないようです。
信じることが大切ですよね!と言われ、ホントそうなんですよね。
私はすっかり信じています。この冬も、この水のお陰でドライアイも悪化する事無く、乗り切ることが出来たのです。感謝、感謝の気持ちです。
d0103314_23252667.jpg

ただ、夜行日帰りの山行は帰りが眠すぎてツライです。
でも、不思議と今日、月曜は元気なんです。
山は私に不思議なパワーをくれます・・・ホント
[PR]
by yukos32 | 2007-04-09 23:35 | 山登り | Comments(0)

2月25日(日)静岡県の毛無山(1,946m)に登ってきました。
土曜日は強風、前夜もビュンビュン風が吹いて寒い夜でしたが、日曜は穏やかな朝でホッとしました。ネットで調べたとおり、麓の有料駐車場には駐車料金を入れる封筒が用意されていました。これに車ナンバーを書き込み、500円を入れてポストに入れておくのです。は~い!500円はしっかり用意して行きましたよ。そして、下山した時はワイパーに領収書が挟んでありました。なかなか良いシステムですよね。
毛無山は標高差1,100m 登り3時間。荒島岳を登るような感じでしょうか!
実際は荒島岳より、かなりの急登(-"-)いきなりバテ気味・・・時計を見るがまだ30分しか歩いていない(・_;)休憩出来ず・・・程なく水の音が聞こえてくる。もうすぐ不動ノ滝です。滝展望台にはベンチもあり、ザックを下ろし写真を撮るのでした。滝の上部の稜線の樹氷が白く綺麗でした。写真ではイマイチの写りですがねっ。
d0103314_23435589.jpg

d0103314_23441569.jpg

その後は富士山を背に登っていくことになります。
振り向けば富士山、るんるん山歩きです♪なんて、書きたいとこですが・・・
体が重い(・_;)足が重い<`ヘ´>ヨレヨレ歩き~なのでした!!
6合目を越した辺りから雪が現る。今日は、この○号目表示がとっても辛く感じるのです。
もう気合いと根性で頂上を目指すのみです。
頂上近くになると、富士山展望台や南アルプス展望台があります。
今日は、お天気も良く最高の展望です(*^^)vそっ!晴れ女ですから~
d0103314_032415.jpg

頂上から見る富士山はデカイ。富士山を眺められる場所に陣取り昼食とします。
寒くなくTシャツのままで休んでいられるのです。定番のうどんと雑炊。そしてイチゴショートケーキつきで、幸せ幸せ(#^.^#)休んでいるとパラグライダーが何機も飛んでくるのです。
上昇気流に乗って、富士山に着地するのかと思うほど近くを飛んでいるように見えるのです。
気持ち良さそ~♪
d0103314_04556.jpg

ズームで何枚か撮っていたら、こんな富士山も撮れてました。(いつ撮ったの?)
d0103314_061861.jpg

お天気が良く、1時間半も休憩してました。記念撮影をし下山。
d0103314_0362110.jpg

富士山の次は南アルプスを堪能したいとこですが、またもや南アルプス展望台には人がいます。展望台と言っても、5人も上がればイッパイになるような場所です。
狭い場所で、他の登山者の「あれが北岳、間ノ岳、赤石、甲斐駒、八ヶ岳・・・」の説明を聞きながら撮影。夏には縦走できたら良いなっ!今日のヨレヨレ登山隊の私には厳しい計画かもしれません(T_T)/~~~かなり弱気ぃぃぃ・・・・
d0103314_0241849.jpg

d0103314_024331.jpg

d0103314_0245044.jpg

全体に、写真が白っぽいんですが、実際はもっと綺麗でした。
ヨレヨレながらも、富士山も南アルプスも眺められ良い山行でした。

久しぶりに、階段の上り下りが辛いほどの筋肉痛を味わっております。
次の休みは荒島岳でトレーニングしなきゃ!とフツフツと思っておりまする。
[PR]
by yukos32 | 2007-02-28 00:23 | 山登り | Comments(2)