7月25日(土)妙高山に登ってきました。

今週末は会社の夏休み、金・土曜日にかけて山に登ろうかと思うが
金曜日の予報はどこも雨模様 (◎`ε´◎ )ブブブッ...
そんなことで金曜夜発で日帰り出来る山を探す。
唯一晴れマークが出ていた、まだ登った事のない妙高山を目指す事にする。

24日(金)夜、大野を出発し、燕温泉駐車場で仮眠をとる。
25日(土)目が覚めると、駐車場にはどんどん車が入り、満車になっていく。
準備をしていると団体さんたちもぞろぞろ登っていき、さすが百名山ですね。
朝食を済ませ5:30出発。
燕温泉街を通り、左手の石段を登っていき露天風呂を横目にコンクリートの道を行く。
これが、なかなかの急登なのである。
コンクリートの道が狭くなり、いよいよ登山道か?と思うが狭くなってもコンクリートは続く。
北地獄谷沿いをいくこのコースは、コンクリート道なので歩きやすい。
しばらく行くと、赤倉温泉原湯があり、作業小屋も建っている。
d0103314_14343733.jpg

途中、温泉の配管があって湯気が立っていたり、大きな滝があったり、沢を渡ったりで
楽しませてくれる。
d0103314_14385211.jpg

沢を離れ樹林帯に入ると、ジグザグに登っていく。
“胸突八丁”の看板どおり、キッツイ登りである。
ここを登りきると、天狗平に出る。
d0103314_1443143.jpg

登ってきた人みんなが「きつかったですねぇ。」と言っていたぐらいだから(@@;)Wao~
ここでは、某会社の山岳部の人達と話しをしながら休憩をとる。
このあと、樹林帯を抜けると池があり、その後、岩場ですからね!と情報も頂く。
若い山岳部の人達に続いて出発する。
ほどなく、山岳部の人たちに「池ですよ...」声をかけられる。光善寺池です。
d0103314_1448083.jpg

木々の間から、山頂方向、岩場あたりに多くの登山者が見える。
d0103314_14491724.jpg

その後、登山道に風穴があり、冷たい風が二箇所から吹き出していました。
荒島岳の風穴も登山道近くにあったら良かったのに!なんて思うのでした。
d0103314_1451458.jpg

またまた、前を行く山岳会の人が「あれ、海ですよねっ。」
見下ろすと、どこかの街と空の間、日本海です。
d0103314_145410100.jpg

ようやく鎖がついた岩場まで来ました。頂上まで500mとある。
d0103314_1456323.jpg

岩場はもっと続くのかと思いきや、すぐ終わってしまった。
その後はササやダケカンバの急坂を登り、最後にまたまた岩場を登り山頂です。
ペンキの矢印どおり進み頂上!と思ったら、ここは南峰のようです。
頂上は北峰で、多くの登山者が休憩しているのが見えます。
d0103314_1522769.jpg

北峰の頂上まで行き休憩です。
多くの登山者で賑わっており、お天気も良くノンビリ気分です。
ウトウト昼寝気分に浸っていたら、お天気急変です\(◎o◎)/雨が降ってきたのです。
慌ててカッパを着て下山準備に取り掛かる。
頂上に着いた直ぐは他の登山者たちが記念撮影をしていたので、私はあとからにしよう!
なんて思っていたので、カッパ姿での撮影となってしまいました。
d0103314_1572554.jpg

下山は燕新道を下る事にしました。
地図に急坂と記してあるとおり、急でした(>_<)
d0103314_1510490.jpg

もう嫌だ!なんて思った頃、ワタスゲが咲く湿原にでる。
d0103314_1513393.jpg

ベンチに座り、暫し癒しタイムである♪
d0103314_1514827.jpg

長助池の道標には、ここから燕温泉まで5kmとある(>_<)
妙高山頂上からはまだ2kmしか歩いてない事になる。。。
ここから先も延々に急坂なのである。
途中、道幅が狭く、ササが伸びて歩きづらい箇所もあり、ようやく抜けたと思っても急坂。
道標には、あと2.4kmの表示(>_<)
水の音が聞こえるが、はるか下まで下りて行かないといけないようである。
ようやく開けた場所、沢まで下りて来ました。
ここで、山岳会の人から情報を得る。
このあと、登りがあるようです。一山越えて燕温泉に出るようなんですが
実際は二山だったような!?
もう歩きたくない「山なんて嫌いになりそう」そんな心境になるくらいお疲れモード。
そういえば、長助池で写真を撮ったあとは、カメラを取り出していなかったのでした(@@;)
燕温泉に着いた頃に、またまた雨が降ってきたのでした。
ラッキー♪雨に遭わずにすみました。
その後、燕温泉に入りスッキリし、睡魔との闘いで大野まで無事帰りました。

妙高山は火打山と違ってゴツゴツとしたキッツイお山でした。
燕温泉から周回で歩き、妙高山を満喫ですね。

本日、日曜日、どのくらい足にダメージがあるかと心配していましたが大丈夫でした。
新調したCW-Xのお陰かも(*^^)v
[PR]
by yukos32 | 2009-07-26 15:46 | 山登り | Comments(2)